最近のバター不足に見るヤバすぎる日本の既得権益の守り方

今日は11月22日(火)放送分のガイアの夜明けという番組を見たときに「うっそ〜wやっぱどこも同じで自由競争しないと腐るんだなー。」という感想に至ったのでちょっとシェアします。

ガイアの夜明けで紹介されていた。ホクレン・JAによる意図的なバター不足

最近、この時期になるとバターを消費する人みんなが悩まされているようです。バターが不足していると。
でも調べてみると生乳・乳製品の自給率は常に90%後半と全く困っていないような印象。

でも実態はバターが足りていない。なぜか?

足りていないバターは輸入するしかない、それでも足りていないなら価格を上げて需要を減らすしかない。そういった理由でバターが値上がりの上に品薄となっているようです。

まさかの原因。JA・ホクレンによる流通量の締め付け

原因の大元はまさかのJA・ホクレンでした。JAといえば農家を守るための組織なのになぜ…

ホクレンの幹部はテレビでこう話していました。
「バターが大量にあったって誰も買わない。流通量を減らしてバター不足になれば消費者は『またなくなるかもしれない』と買い増しを行う。そうすれば利益が増えるでしょ。」
ということでした。全くもってバカバカしい。笑

消費者軽視、生産者無視の自分たちの組織の利益を守ることのみを念頭に置いた悲しい発言です。

どれだけいいものを作っても買取価格は同額…

生産者が作った生乳は一度すべてJA・ホクレンの施設に集められます。その後、各加工業者(メーカー)へと卸される仕組みになっています。
そうしてできた乳製品をさらにスーパーなどに卸して私たち消費者のもとに届きます。

指定団体にしか売れない状況がどういった事態を起こすか、は明らかです。
どんな業界であれ独占状況になればそこから買うしかないので、仕入値を抑え高く売れます。

ただ、その状況が生産者・消費者のためになるかというとそんなことはなく、すべてお上の懐へと消えていきます。

一社が流通を独占すると…

餌を買っても手数料。生乳を納品しても手数料。サービスの維持管理に手数料…
何をそんなに手数かけてるのか知りませんが、まさに手数料地獄です。

立ち上がる民間企業。JAとの競合関係に

じゃあJAの他に生乳を仕入れてメーカーに卸す企業を作ればいいじゃない。ということで生まれたのがMMJという会社。ですがここでもJAという大きな癌がw

出荷先を農協から一般企業に乗り換えるとエサ代が値上げ?

なぜか、生乳の出荷先を農協からMMJに切り替えると農協から買っているエサ代が値上がりするらしいです。

JAの言い分はこう。「JAは単体で成り立っているのではなくて、みんなの力で成り立っている。だからそこから抜けるのであれば待遇に差がついてしかるべき」
うーん。もっともらしく聞こえるんだが言っていることはお前が仲間にならないなら生命線のエサの値段を上げて徹底的に邪魔してやるからなということです。

エサを作っているのは農協ノータッチの独立企業なので、それを仕入れて売っている農協での販売価格が変わるのはどう考えてもおかしい。

農協を裏切ると実質的に潰される現状

実質、酪農家のすべての出荷・仕入れを牛耳っているわけですから、流通量も仕入れ値もお上の言う通りになるという構図ですね。
そしてその組織から外れる場合は、出荷先にも圧力をかけて出荷を停止させるよう仕向けていたようです。

出荷先のMMJの取引先となりうるメーカーも、MMJから仕入れることによってJAから生乳の供給差し止めなどがあるみたいで相手をしてくれません。
MMJの社長が事前にアポを取って生産工場に視察に行ったにも関わらず担当者不在で追い返される一幕が印象的でした。

こうやって酪農家たちの首根っこを掴んで生かさず殺さずで飼っていたということですね。

いきなりの切り替え承諾

話し合いを何回も重ねているうちにある時、農協からエサ代の値上げは行わないと伝えられたそうです。

まあ、全国にテレビ放送されるからね。笑

そしてこの酪農家の方は賢い。書面できちっと判を押してもらうように頼んでいます。そうしないといくらでもバックれられちゃいますから。

まとめ

いかがだったでしょうか。

私は消費者の手にする商品は必ずしも自由競争の上成り立っているわけではないということを痛感しました。
特に酪農家に限らずJA関連で困っている農家さんはこの感じだととても多そうなので最近の農家不足にも一役担ってそうですね。

こういったところにぽっと、ネットを通じてAtoCで消費者に直接商品が届けられれば一発解決するのですが、乳製品のように一度加工しないといけない商品は野菜などと違って難しそうです。

流通量を規制しておいて、「足りない分は輸入すればいい」と言っているホクレン幹部にはさすがに驚きを隠しきれませんでした。
それにしても酪農に関しては農協いらねーんじゃねーかと感じざるを得ません。

とはいえ、日本政府も問題視しているようで規制の撤廃を求めて動き出しているようです。

普段とは一味違ったテイストのガイアの夜明けだったのでつい記事にしてみたくなりました。いつもは頑張る町工場だったり、特に技術力のある中小企業にスポットを当てている印象です。

今回みたいに業界の癌を摘発するような番組もちょいちょいあってもいいかもなと思います。

「自己アフィリエイト入門メール講座」実施中!

今日の記事はいかがでしたか?
あなたが感じたことや思ったことを下のフォームからお気軽にコメントしていってください(* 'ω')/

ブログ記事一覧

シェアする

フォローする