何となく大学生になり、何となく就職…それって本当にやりたい事?

一生会社から抜けられなくても…メシ食って寝てりゃ生きていけるよ… でも…
「それじゃ、家畜同然じゃないか!」

ということですね、エレンさん(^ω^)

こんにちは、キャピーです。
世の中自由になりたい人ってゴマンといますよね。

  • 一生のうちの大半を会社に捧げ過ごしてきたが、嫌になった人。
  • 今までなんとなく中学・高校と過ごしてきてなんとなく大学に入り、毎日をゲームやYoutubeを見て過ごす人。

などなど

できることなら、ずーっと遊んで暮らしていたいですよね。私もそう思います。
でもあなたの周りに会社に雇われずに自由になってる人って何人いますか?

少ないですよね。でもそれって何故だと思います?
それは「行動してない」からだと私は考えています。

驚くほど行動している人が少ない。
「会社に雇われず好きな事ばっかりして生きていたい」と言うのも考えるのも自由です。
でも、実際に好きな事ばっかりして生きていくために今何かやってますか?
と聞くと特に何もしていない人が多いです…

私の大学の友人もそう。
「就職したくない」

口ではそうは言っていても、何となく周りに流されて「大学に1日も欠かさず出席し」「就活し」「就職を決め」勝手に大人たちが決めたルートに従って過ごしています。

何でもいい。
「自分の好きに決められる生活が送れる未来」のために何ができるか考えてみる。小さなことからでもやってみれば結果は全く変わってきます。
何からすればいいかわからないという人は、まずは本を読むことから始めてみてはどうでしょうか。

インターネットが発達した今、人々はそれぞれ自分達の好きな情報を選り好みできるようになりました。そして、テレビなどこれまでの情報を発信していた媒体はインターネットに、スマホに、シェアを奪われてきています。

じゃあ、企業はどこに宣伝費をかけますか?ってことですね。それが最近インターネット広告業界が伸びている理由です。

私は今、神田昌典という日本一のマーケッターの書いた本を読んでいます。
行動することの重要さについて独自の成功法則を、ビジネスの立ち上げ初期に彼が経験したことを元に書いていて面白いです。
神田昌典【非常識な成功法則】
神田昌典【非常識な成功法則(マンガ版)】

本はあなたが思いもつかないようなことを教えてくれます。1週間に1冊でも読めば、半年後あなたは24冊の本を読んでいることになります。

しのごの言わず、やってみること。
私は本を読み、経営に関する動画スクールを買って実際に体験しています。
目の前の小さな小石を拾い続ければ、成功できます。

p.s

もうそろそろ年末ですね。今年1年どうでしたか?

「予定は未定」という言葉はニート…もといプログラマの常用句なのですが、今年の私は激動でした。

大学とは別に、ビジネスの理論を教えてくれるスクールに6月末に入り、生活の大部分が変わり始めました。
毎日そこで推奨される本を読み続け、実地で開催されたスクールの主催者のセミナー動画(動画だけで100時間以上のコンテンツ)を見続けました。
夏休みの間は寝る時間と飯フロ以外はずーーーーっと見ていたので、24時間のうち10時間以上は見ていました。

日頃からぼーっと過ごす癖があったので、この環境の変化は私にこれまでとは比べ物にならないくらいの知識を与えてくれました。
なので今年は学習の年として激動の一年となりました。

去年の年末はどうやら友人と淡路島に釣りに行っていたようです。
息を呑むほど綺麗な海の写真をお送りします。
去年の年末 淡路島の海

追伸

実は、インターネット上でお金を得ることというのは難しくありません。
「初心者でも!」や「寝ているだけで!」とは言いませんが、根性を入れて数ヶ月〜頑張れば体が資本である就職して働くスタイルよりも圧倒的に時間をかけずに同じ額、もしくはそれ以上のお金を感謝されながら稼ぐことができます。

今やインターネットビジネスは普通の稼ぎ方の1つとなりました。
「9-17時 + 残業」とか、
「上司から誘われる半ば強引な付き合い呑み」とか…

嫌なことを嫌と言えない、生殺与奪を会社に握られた社会人になりたくない人だけ画像をクリックして、インターネットを最大限利用した管理・経営の世界を覗いてみてください。

もちろん今いる会社に満足していてスキルアップのために管理・経営について学びたいという人にもお勧めできます。

今日の記事はいかがでしたか?
あなたが感じたことや思ったことを下のフォームからお気軽にコメントしていってください(* 'ω')/

ブログ記事一覧

シェアする

フォローする