大学生や新社会人が感じる「就職=懲役40年」

結局、大学生とか新社会人は就職に対してそれだけ暗い印象を持ってるからこういう言葉が出るってことだろ。
と思います。
とはいえ懲役40年とはよく言ったものです。

twitterで話題になった新社会人のツイート

確か今年2017年だったと思います。春先、新社会人が入社1日目を経験した時にtwitterで「懲役40年」とつぶやいて話題になりました。

毎日、
同じ時間に目覚ましに起こされ、
同じ経路で出社し、
決まった時間になるまで自由になれず、
都合で呼び出されたり夜行きたくもない飲み会への参加を強要され、
やりたくもない作業を延々と続ける。

刑務作業と似てます。
「まだ家に帰れて食いたいもん食えるだけ幸せだろ。甘えんな」とか「選んで取ってもらったくせに何を偉そうに…」って意見も存在してるらしいですが、そういう話じゃないんじゃない?と思います。
自由の大部分を奪われていることには変わりないんですよね。それはどこに就職したって一緒です。

仮にどれだけ尽くして作業したところで、いつリストラされるかわからんわ、リストラされたら積み上げてきた評価も作ってきた物も全部水の泡で何も残らんわでめちゃくちゃです。
そして、会社にとって優秀になっても、あまり単価が上がりにくく、更に厳しい環境に置かれてしまうというのが現状です。

そんな現状を自発的に変えるための方法はあるのか?

できればこんなひどい状況からは逃げ出したいですよね。というより、逃げた方がいい状況というやつです。私は別に就業至上主義というわけじゃないので、生活できるくらいの収入を維持できるなら無理に働く必要はないと思っています。

「ハァ?働かないでどうやって収入を作るんだよ、意味わかんね。」と、普通ならなると思います。
たしかに生保など例外を除いて、何もない無の状況から働かずに収入を作るのはさすがに無理です。でも、最初の数年覚悟を決めて「収入源を作ること」と「作った収入源から自分が関わる部分を排除すること」に分けて集中すれば可能です。

40年間文句を言いつづけながら何もせず人生を浪費するのか、覚悟を決めて収入を作る方法を模索し行動するのかで数年後の生活が全然違うと断言できます。

まだまだこれからではありますが、私も今年に入って自力で収入源を作ることに挑戦しています。そして嬉しいことに、7月は24万円を得ることができました。元手0円から始めたので時間が掛かりましたが、全くやったことのない分野でも可能だという事を自力で証明しました。

私は就職するよりも、覚悟決めて数年(場合によっては数ヶ月)努力する方が楽だと思います。

また、「お金儲け」というと嫌悪感を覚える人もいますが、
価値提供の結果、提供した相手の生活を豊かにした対価として原価以上にお金をいただいているにすぎません。日本人は特にそうなんですが、資本主義だというのに「お金の仕組み」について知らない人が多すぎるのも問題ですよね。専門家である必要は全くありませんが、最低限は知っておきたいです。

悔しいですが、資本主義はお金持ってるやつが正義の世の中です。お金持ちに優しく、お金に関係する仕事が優遇される世界です。それをまず認識することが重要です。
Youtubeにたくさんタメになる動画が転がっています。アメリカでは子供の頃からこうやってお金について学びます。全然難しくないのでぜひ見てみてください。


こっちは若干陰謀論っぽくて面白いです。

「給与以外の収入源を作ろう!」となると”最初は”色々と大変だし、少しばかりお金が必要なのも事実です。やるからにはどの分野を攻めて収入源を作るのが良いのかを知り、出来る限り労力少なく収入を作りたいですね。

1人で、0円から始める、ネットを使った収入構築〜まとめ〜

追伸

実は、インターネット上でお金を得ることというのは難しくありません。
「簡単です!」や「寝ているだけで!」とは言いませんが、根性を入れて数ヶ月〜頑張れば体が資本である就職して働くスタイルよりも圧倒的に時間をかけずに同じ額、それ以上のお金をお金を払った人から感謝されながら稼ぐことができます。

気になる方は下の画像をクリックしてその仕組みを覗いてみてください!

今日の記事はいかがでしたか?
あなたが感じたことや思ったことを下のフォームからお気軽にコメントしていってください(* 'ω')/

ブログ記事一覧

シェアする

フォローする