時間はお金よりも重く価値がある

あなたはお金持ちになりたいと思ったことはありません?
私は結構頻繁に思ってます。

最近やっとこさ個人事業主としてスタートを切れたので、その時の学びを書こうと思います。

多少お金が掛かったとしても時間を生み出してくれるサービスであればどんどん利用するべき

最近の自分の例では、税務面の問題解決がそうです。自分は記事を書いている現在は、大学生で被扶養者です。

ということは、自分の所得を増やすためにも親の負担を増やさないようにするためにも稼ぎすぎてはいけません。給与収入なら年間約100万円以上稼いでしまうと扶養から外れます。
扶養から外れると「年金」だったり「保険」だったりの負担が立ち上げ初期の事業をもろに圧迫しますので、かなりキビシイことになっちゃいます。

といったことが原因で、この負担増をどうすれば切り抜けられるのかを考えてから起業しようと思っていました。そこで出番になるのが税理士さん。

「自分で調べても分からないことは聞いてしまえ」と、とある税理士さんに無料相談に乗ってもらいました。そしたら1発解決もいいところで、わずか1〜2時間で私の抱えていた税務面での問題が全て解決してしまいましたw
この問題を解決するために私軽く1ヶ月くらい悩んでたんですが…orz

それがわずか1〜2時間で解決してしまうのだから、やっぱり専門外のことは専門家に投げてしまうのが一番効率が上がります。ひと月実行が足踏みしてしまうと私の今の規模ですら月商で数十万円くらい損してしまいます。

ですがこれを逆に考えてみると私は専門家に丸投げするという選択を最初に取りさえすれば、取らなかった時と比べて相対的に数十万円の得をできた言えます。

「時間は命」時間を切り売りすることは命とお金とを交換していることと同じ

人の一生はだいたい80〜90年と言われ、日本では100年に突入しようかというこの頃ですが、生まれ持って与えられる時間という資本は、高校生くらいから定年くらいまでを自由に使えると考えると、だいたい50年ほどになります。
親のコネなどがない場合、この間にどんな行動を取るかで生涯稼ぐお金の量というのは天と地ほど変わります。

生まれ持って与えられる時間は人によってあまり大差ないのに、なぜこうも貧富の差が生まれるのでしょうか?

それは、時間という資本を時給や月給という形でお金に変えているからです。
これは時間に対する価値観の違いから生まれると私は考えています。

「あなたの命を、1時間あたり1000円で譲ってくれない?」こう誘われたらあなたは受けますか?絶対受けないと思います。笑

なのに多くの人が、1ヶ月を30万円で差し出したり、1時間を1000円で差し出したりしている。アルバイトなどをする時、なるべく高い時給でちょろい仕事を探そうとしますよね?笑
私も最近までこうでしたが、この発想をした時点ですでにお金持ちになれないです。

なぜならもっと効率的で楽な方法があるからです。
人を雇って価値を生み出す手法を代わりにやってもらえば良いんです。

仮に1つ物が売れた時に原価を引いて300円くらい儲かる商品があったとします。
これが1時間に最低3個売れれば、あとはこの「商品を売る」という動作を時給900円くらいで人を雇って代行してもらえばいいんです。
一時的に利益は減るかもしれませんが、その代わりあなたは働かずに毎時100円手に入れることができます。

これがどういう事かというと、「経済的に富んでいる人はお金を時間(労働力)と交換して加速度的に富んでいく」ということです。お金があれば店舗を増やして、1時間あたり200円自動的に儲かるようにしてもいいですし、ここまでくればそのお金で遊んだって、毎日寝て過ごしたって全く問題ないです。

だって、1時間待てば自分は何もしていないのに100円生えてくるんだから。

まとめ

なぜ、お金持ちはどんどんお金持ちになり、貧乏人はどんどん貧乏になるのかわかりましたでしょうか?
貧乏人には勝手にお金を生む仕組みがありません。だからたまにでも贅沢したり、体を壊して時間とお金を交換できなくなってしまうと余計に貧乏になります。
これも時間というもっとも価値のある資本をお金のに変えるしかないからです。

一方お金持ちは、自動的にお金を生む仕組みを持っています。だから、暇だし新しく稼ぎを倍増させる事も簡単にできます。
お金を時間というもっとも価値のある資本に変えてしまう事ができます。

この差こそが貧富の差を分ける決定的な違いです。ただ、今現在貧乏だからといって諦める必要は全くないです。あなたも同じように仕組みを作って誰かに代行してもらえばいいだけですから。

どうやればその仕組みができるか、というのはネット上にたくさん転がっていますし、お金を払えば懇切丁寧に教えてくれます。人は選ぶ必要がありますが。笑

そして今の時代はインターネットを活用すれば数万円とかからお金持ちになるためのチャレンジ権を得る事ができます。
この話題は前にも書いているので割愛しますが、知りたい人はネットを使った収入構築講座という題名で数回にわたって説明していますのでみてください。

p.s.
私も変に意地を張ったり、もったいないとか思って時間かけまくったりしないように気をつけてますが、今回の事で改めてまだまだだなと思いました。

追伸

実は、インターネット上でお金を得ることというのは難しくありません。
「初心者でも!」や「寝ているだけで!」とは言いませんが、根性を入れて数ヶ月〜頑張れば体が資本である就職して働くスタイルよりも圧倒的に時間をかけずに同じ額、もしくはそれ以上のお金を感謝されながら稼ぐことができます。

今やインターネットビジネスは普通の稼ぎ方の1つとなりました。
「9-17時 + 残業」とか、
「上司から誘われる半ば強引な付き合い呑み」とか…

嫌なことを嫌と言えない、生殺与奪を会社に握られた社会人になりたくない人だけ画像をクリックして、インターネットを最大限利用した管理・経営の世界を覗いてみてください。

もちろん今いる会社に満足していてスキルアップのために管理・経営について学びたいという人にもお勧めできます。

今日の記事はいかがでしたか?
あなたが感じたことや思ったことを下のフォームからお気軽にコメントしていってください(* 'ω')/

ブログ記事一覧

シェアする

フォローする