チャンスを逃さず整体師で成功した犬好きカーバイヤーに学ぶ──犬飼ターボ【CHANCE】

うぃっす、kyapiyです。
今日はアウトプットの練習もかねて、自分が最近読んだ本について要約・関心したことを書きます。
今回紹介するのは、犬飼ターボという人のCHANCEという本です。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

チャンス [ 犬飼ターボ ]
価格:1543円(税込、送料無料) (2016/8/9時点)

成功体験談の本と聞くと少し身構えてしまいますが、俺はこれでこんだけ稼いだぜ!というようなガツガツしたものではなく、むしろ「成功するためには心の持ちようが重要で、諦めずに挑戦し続ければ必ず世界は助け舟をよこしてくれる」といった内容でした。
少し昔に「夢をかなえるゾウ」がドラマ化されたのをご存知でしょうか?そんな雰囲気の本でしたので読むのが遅く、すぐ休憩する私でも6時間ほどで一気に読みきれました。

どんな本か

某所で中古車のバイヤーとしてギリギリの生活をしていた主人公「泉 拓也」というキャラが、30代くらいのある穏やかで冴えない見た目の男性とホテルの駐車場──それもランボルギーニの前──で出会うところから物語はスタートします。
30代男性が不意に発した「あなたはビジネスで成功したいのですか?それとも人生で成功したいのですか?」という問いから急接近します。
そして実は驚くべきことに、その冴えない男性はフェラーリを所持していた…

後日「泉 拓也」がフェラーリの男性と再会し、成功するための思考法の1つ目を教えてもらい、どんどんと成功者への階段を1つずつ上がっていくという物語です。

この本で学べる−−”成幸”のカニミソ−−

本書で学ぶことができる肝心要の部分、つまる所の成功のエッセンス−−”成幸”のカニミソ−−を11点にまとめると、

    • 成功には2種類ある

成功するという言葉には意味が2つ以上あって、成功の種類によってあなたが感じる幸福感には違いが出る。

    • 価値を奪い・騙し合って自分が得をする世界、価値を分け与えることで自分が得をする世界

分け与えることで成功できる世界の存在を認めることが成功の要因となっている。

    • 行動することの重要性に気づく

インプットも重要だが、行動を起こした人のみが成功する。いくら知識が豊富でも、行動しなければ成功しない。既に成功している人は意識しているかどうかによらず例外なく行動している。

    • お客にする層を選ぶ

ビジネスでは余程の大手でない限り、マンパワー・マネーパワーに頼った低単価路線では戦えない。高単価路線で攻めれば自然と裕福な層がお客となる。そうなれば、付き合いの中で更に成功法則を学べる。

    • 考えは未来の自分を形作る

何事もあなたの考えた通りにしかならない。何も考えずただ毎日を過ごし、々を浪費したとしたら、あなたは将来どんな人間になっているだろうか?

    • 人生最大の目的を見つける

あなたは成功し、時間からも金銭的にも不安から解放された時に何をしたいですか?そして、したいことを全てやりきったあなたはその後何をしますか?

    • ホームラン1本よりもヒット×4本

世の多くの人が起業することを考えた場合、どうしてホームランを打とうか?と考える。でもビジネスの世界は既に隙間なんかなくて、仮に見つかったならすぐに競争は激化する。それならばあらかじめ方法がある程度確立された安全な山に複数登った方が省エネではないだろうか?

    • 実は人生に失敗など存在しない。あらゆる事柄はあなたにとって順調である

あなたが災難だと感じる全てのことは、あなたに成功してもらいたくてやってくる。あなたが不幸だと思うなら、それは成功法則があなたに語りかけてきているということだ。

    • 成功者の意思決定には2パターンある

普段の決定ごとは即座に行う。ただし、重要な決定ごと−−とりわけ金銭が絡んだり、あなた以外の誰かがあなたのビジネスに関わることになった場合には、後はやってみないとわからないところまでブラッシュアップするくらいのネガティブさを持つことが必要だ。

    • 経営では仕組み作りが肝心

ビジネスは走り出してから大規模な修正をすると大きな亀裂を生む。かといってそのまま走り続けていればいつか沈没する。水に浮かべる前に徹底的に穴を探すこと。

    • アドバイスは安売りしてはならない

人はあなたのアドバイスを受けるために払った対価をもとにあなたのアドバイスの価値を決める。タダで教えてしまえばあなたがいかに重要か説いても伝わらないし行動しない。

本書の要約

フェラーリを所持していた成功者の彼は、「弓池」と名乗った。弓池は既にある事業で成功していて、今では事業を人に任せて毎月数十万の定期的な収入を構築していた。そして弓池は今は自身が成功した時に学び、実践した”成功のコツ”を他人に教えることで他人を成功させた上で幸せにする事業をしていた。
1つめの成功法則を教えてもらった主人公は、更に学びを得ようとノートを取るように教えられた。”成幸”のカニミソと呼ぶことにしたノートを埋めていくことで自分なりにコツをまとめていくこととなる。

しかし、弓池は1つめ以降のコツをすぐには教えようとしなかった。
なぜか?弓池自身がケチだったというわけでは決してない。弓池に限らず人間の時間は限られているので、教えたことを確実に実行してくれる人にのみ教えたかったのだ。
そこで弓池は1つめの課題を主人公に課した。その課題とは、
「1週間で利益を出している経営者10人と会って、どうやって成功したかをインタビューすること。その際、今までに会ったことのある経営者は数えてはいけない・。」というものだった。

その課題を見事成功させた主人公は晴れてまた1つ成功法則を弓池に教えてもらうことができたのだが、ある日弓池からもう1つ課題を与えられる。
それは、
「路上生活者と24時間生活をともにすること。」だった。
日々のライスワークに追われている主人公は、さすがに騙されていると思ったので一度は実践することをやめたのだが後々思い返し、なにくその精神で実行し2つ目の課題を成功させた。
この2つの課題によりいわば両極にある生活スタイルを経験した主人公は、「成功している人」と「成功していない人」の思考の流れの違いに気づく。
実はこの気づきはとても大切で、後々の主人公にとって重要な基礎として蓄積される。

2つの課題をクリアしたことで、ついに実際に弓池にビジネスを教えてもらえることになった主人公は「整体師」というビジネスで実践しながらビジネスを学んでいく。
その中で、
ビジネスでは消費<<<投資であることやビジネスは真似し放題であること、
自分は真に何をしたくてビジネスをするのか、他企業との連携をとる際に重要になる点、
人を雇った際の主人公とアルバイトとの思考の違い、売上を伸ばすための柱となる考え方、
お客の価値観をうまく変えてあげることで自分の価値を最大化することの重要性
などを具体的に実際のビジネスを成功させながら学んでいく。

そして、最終的には弓池との別れ…
といった内容でした。

感想

私はこの本を読むことで、主人公と完全に同調してストーリーを読み進めることができました。
この本を読み始めることで何か引き込まれるような感覚になり、主人公とともにビジネスの場面で成功の疑似体験をすることができました。
成功するために必要なエッセンスのみで言えば先述した「”成幸”のカニミソ」の辺りを見れば理解できますが、理解することと定着することとはまた違ってきます。本書はそういった意味で成功するために必要になるであろう、「気持ちの持ち方」や「成功するときに成功者が行う思考の流れ」の実例を主人公を通して疑似体験することで身につけさせてくれます。

そういった意味で本書は成功するための概論的なものを示してくれます。ですが、あくまで考え方・思考のながれなので、やはり成功しようと思うのなら自分で実践することが重要です。
なので、羅針盤として使うというよりはむしろ「ビジネスとはこういうものなんだなぁ」とお金儲けの価値観をうまく伝えてくれる作品だと感じました。
日本ではよく、「お金儲け=黒い・セコい」といった概念が一般的な感覚のようですが、
実はそうではないよ、と上手く諭してあなたの視野を広げてさえくれる本でした。

以上、私が犬飼ターボのCHANCE−−成功者がくれた運命の鍵−−を読んでパラダイムシフトした感想と、成功するために必要なビジネスの考え方まとめでした。

読んでみたい!と思った方は下記のリンクより購入いただけますと当ブログ管理人のモチベーションアップにもつながります!
よろしくお願いしますm(_ _)m

追伸

実は、インターネット上でお金を得ることというのは難しくありません。
「初心者でも!」や「寝ているだけで!」とは言いませんが、根性を入れて数ヶ月〜頑張れば体が資本である就職して働くスタイルよりも圧倒的に時間をかけずに同じ額、もしくはそれ以上のお金を感謝されながら稼ぐことができます。

今やインターネットビジネスは普通の稼ぎ方の1つとなりました。
「9-17時 + 残業」とか、
「上司から誘われる半ば強引な付き合い呑み」とか…

嫌なことを嫌と言えない、生殺与奪を会社に握られた社会人になりたくない人だけ画像をクリックして、インターネットを最大限利用した管理・経営の世界を覗いてみてください。

もちろん今いる会社に満足していてスキルアップのために管理・経営について学びたいという人にもお勧めできます。

今日の記事はいかがでしたか?
あなたが感じたことや思ったことを下のフォームからお気軽にコメントしていってください(* 'ω')/

ブログ記事一覧

シェアする

フォローする