昨日超久しぶりにブックオフにせどりの仕入れしに行ってきた…が!w

こんにちは、キャピーです。珍しく連投です。

以前からやいのやいの持ち上げているせどり風神が2になったとの最新情報を手に入れたので(実はアップデートされたのはもうかれこれ2年も前)
「これは使うしかねーな。」と昨日、たまたま気が乗ったので近くのブックオフに本せどりをしに行ってきました。
せどり風神の無料アカウントの上限は100バーコード/日なので「100スキャンでどれだけ仕入れられるんだろうなー。」と思ったが吉日、実践するのが私。

今でもブックオフで本は仕入れられるのか!?

入店は19時。退店したのが20時なので、1時間ひたすらポチポチと100バーコード打ち続けました。これが結構しんどいんだよねー。
書籍のバーコード(ISBNコード)は978-〇〇〇〇〇〇〇〇〇-○という形式の13桁もしくは10桁なんだけど、実は頭の978とケツの1桁は無視してもちゃんと読み取れるんです。
だから9桁を100個で900数字を直接スマホのブラウザに叩き込んできました。w

バーコードリーダー持ってればもっと効率があがってよかったんだけど、10,000円は下らないから金欠大学生にとっては勇気がいるんですよねー。
続けるのであれば間違いなくペイするので買う一択。でも私はこらえ性がなく、すぐ電脳に移行したので持ってません。

と、いうことで今日はバーコードリーダーなくてもまだいけるぜ!ってところを見せてやろうと意気揚々と入店。

本日の仕入れ実績(1時間)

鉄板のビジネス書コーナーを中心に舐めるようにスキャン。他にも女性用ダイエット書籍だったり、個人的に新ジャンルの哲学コーナーを探り、最後にゲームをちょろっと見て1時間で4種5冊仕入れました。

特にビジネス書の中でも、ホリエモンのものは良いね。あの人刑務所に入るまでは煽るのが仕事みたいなところあったから、出てきた後初めて書いた「ゼロ」っていう本がいつまでたっても日本の団塊世代のオジさん達の心を掴んで離さないw
「あの煽り症の田舎坊主は今、反省して真人間になったのか?反省文を見てやろうじゃないか」ってな感じで。笑

実際読んでみると全くそんなことなくて、ホリエモンはホリエモンなんだけどそれでもやっぱり1年9ヶ月も刑務所にいると気が滅入ってくるようで、書籍の中で弱さも見せている、そんな1冊でした。

ISBN 著者 書籍名 状態 仕入れ値 売価
978-4-478-02580-2 堀江 貴文 ゼロ 非常に良い 510円 1055円
978-4-478-02200-9 奥野 宣之 情報は1冊のノートにまとめなさい 非常に良い 760円 1350円
978-4-7745-1237-2 斎藤ひとり 斎藤一人の 道は開ける 非常に良い 360円 650円
978-4-4925-3112-9 照屋 華子 ロジカル・シンキング 非常に良い 760円 1450円
978-4-4925-3112-9 照屋 華子  ロジカル・シンキング  良い 760円 1350円

粗利(売値ー仕入れ値)合計 = 2705円
office-lens-20161124-211722
office-lens-20161124-211703
office-lens-20161124-211640
office-lens-20161124-211445

ブックオフに本を仕入れに行ってきて、結論

うん。まだ仕入れられるよ。
1時間で仕入れられる数はかなり少なくなってるけど、学生がアルバイトするよりはまだ高単価なんじゃないかな?
粗利からAmazonの手数料と封筒代と郵送費164*5=820円で時給は1000円から1500円といったところでしょうか?

ただ、得られた利益の割にすっごい疲れるから、やっぱりブックオフ単体でのせどりはもう終わりつつあるっていうのが自分の感想です。
その代わり、イオン行ってみたり、コストコ行ってみたり、ケーズデンキ行ってみたり、ヤマダの蚤の市行ってみたり、コーナン行ってみたり…
いろいろ尽くせる手はいっぱいあるよね。

代表格とも言えるブックオフはせどりが有名になった時に利益独り占めしようとしました。
価格をAmazonに合わせるようにアルバイトを教育した結果、今これだけ業績が悪化して苦しんでる。
だからやっぱり独り占めするよりはシェアしてお金が少しでも流れるようにした方が良いよねー。と思いました。

次やるなら個人経営の書店か、某慶應のフライパンの人も120万の利益を出したホームセンター、の中でも有名なコーナンにでも行ってみようかな。
でもそれだとやっぱりメジャーどころで皆が目をつけるからちょっと視点をずらして…
やっぱりやってみるといつも気づきがあって良いですね。せどりは。

キャピーが今回使った市場価格調査ツールについて

せどり風神という1日100バーコードスキャンまでは無料で使える市場価格調査ツール。
昔は本しか対応してなかったと記憶しているけれど、今じゃ立派にほぼAmazonの全商品に対応しています。

はっきり言って良ツール。仕入れ基準値が一目見て分かるようになっており、ブックオフの本を第一のターゲットとして構築しているため、仕入れ値の設定だけが他で使うときに少しわかりづらい。これだけがなければ神ツールなのに、と前々から思ってます。
お師匠さん、アップデートで対応してくれんだろうか…

必要なのはメールアドレスだけで、無料で使えるようになるためこれから転売業、せどりに参戦する方は必携のツールですので是非使えるようにしておくだけでも価値はペイします。
無料の価格調査〜売値決定自動化ツール、せどり風神

やってみたいけど、損を出すのが怖いとどうしても一歩踏み出せない人は私がLineでもSkypeでもAmazonの出品者アカウントの作り方からお教えいたしますよ^^

今日の記事はいかがでしたか?
あなたが感じたことや思ったことを下のフォームからお気軽にコメントしていってください(* 'ω')/

ブログ記事一覧

シェアする

フォローする