ブックオフのインストアコードに隠された秘密

どーも、キャピーです。
3月に入ってクレカの決済枠の区切りを超えたのでまたブックオフに行ってきました。

たまたまかもしれませんが、自分の地元のブックオフは単Cよりもプロパーの方が抜きやすいです。個人的にはすごく嬉しい…w

ということで、自作のツールでバンバン抜いてきました。とはいえすぐに飽きるので2時間くらいで33冊抜いて終了としました。
あんまりごっそり抜きすぎるのも他の人の迷惑になりそうなので…
自分は1店舗に何時間もへばりついて抜きまくりません。

で、本題のブックオフのインストアコードなんですが。
インストアコードってのは、それぞれの店舗(フランチャイズ)内でのみ通用する識別用のバーコードのことです。わざわざチェーン内でしか通用しない独自規格を開発して導入するなんて面倒なことをブックオフが実行したのには理由があります。

それが登場したのは、昔々古本せどりが大流行していた、まだ店舗に行けばどんなとこでも利ざやの取れる商品がたっくさんあり、ビームせどりが流行り始めた頃の話です。
せどらーが押し合いへし合い、いがみ合いながら棚を占拠し、通常のお客さんが全然本を買えないという事態が発生していたらしいです。
その状況を問題視したブックオフは、通常の本来のお客さんにより本を気持ちよく買ってもらうために、JANコードの上に貼ってせどらーを規制しようとした。ということらしいです。

とはいえ、私たちも別に棚から本をパクっていってるわけじゃなくて、普通に本を買ってるだけなんですけどね^^;
ただやっぱり通常のお客さんからしたら、場所は取るわ・カゴはたくさん使うわ・なんかレーザーポインタみたいなの使ってるわ・本屋で携帯凝視してるわなので、そんなのがいっぱいいたら邪魔なんでしょうね。

とはいえ、ブックオフ的にも大量に一括で購入していくお客さんは優良と言えるので、フランチャイズ全体では禁止しているわけではないようですね。
系列ごとにセーフなのかアウトなのかが違うようです。

かくいう私も棚のエンドに貼ってある張り紙を見逃して注意されて、持ってるやつだけ会計して帰ってきたことがあります。笑
そのブックオフには仕入れでは二度と行くつもりありません。変に目をつけられるのも嫌だし、禁止しているところにわざわざ行かなくてもいっぱいブックオフはありますからね。

少し前置きが長くなりましたが、インストアコードの内容についてです。

インストアコードは青枠で囲っている所の様に、本の裏にシールとして貼ってあります。
で、これの詳しい見方ってのがあります。知っていれば有利に仕入れを進められますし、インストア非対応のビーム検索でも判断材料が増えますので、知っていて損はありません。


ポイントは大きく分けて5つ。

①、まずシールのミミの色です。
これはいろんなサイトでもすでに出ている情報ですが、[黒///]と4種類あり、このシールが作られた時期を示しています。お客さんから買い取った時期と読み替えるといいでしょう。
黒が1〜3月、緑が4月〜6月青が7月〜9月赤が10月〜12月となっています。これを目安に最近仕入れられた本を中心に調べるといったことができます。

②、次は画像の赤枠で囲った部分です。これは説明の必要はないと思いますが、仕入れの年月が示されています。ミミの色で時期を大まかに判断して、赤枠の部分で年単位で在庫になっているのかどうか、といったことがわかります。

③、おつぎは黄色の部分。書籍自体の発売日が示されています。人は新しいもの好きなので、新しいものほど値段が高くつきます。

④、これはブックオフ内での本の分類です。今ではブックオフオンラインと同期してるみたいですね。2桁ずつ区切って見ると、右に行くほどブックオフオンライン上で詳細なカテゴリになっています。
写真の例では、12:書籍(単行本)、09:ビジネス・経済、02:ビジネス・経営、22:セールス・営業管理というジャンルにカテゴライズされています。

⑤、青色の下線部分がバーコード本体とその番号(一部)です。ここの数字をブックオフオンラインにぶち込むとその商品が出てきます。
ちなみにこの商品は0012630480で、ブックオフオンライン上では1300円で売られていました。ブックオフ内ですら利ざやがありますねw
(これをブックオフに買取査定に出しても恐らく100円とかくらいしかつかないですが…)

ちなみに、ここをバーコードリーダーで読み取ると「00126304800001160」と読み込みます。ブックオフのインストアコードは必ず00から始まるので、少し桁を整理して表示すると…

「00 1263 0480 00 01160」

あら不思議。インストアコードの仕組みが丸裸になりました。
下5桁は値段情報ですので、商品情報は00に囲まれて生成されているのかもしれません。
ブックオフオンライン上では12桁ある本体情報から末尾の00をはしょって入力する必要があります。
アダルトフラグとか付属品の有無のフラグなんかを仕込んでいる可能性もあるかもしれませんね。今度アダルトな本とかアダルトな本とかアダルトな本とかのバーコードを確認しておきます。

といった感じで、今回のインストアコード解説を終わりにしたいと思います。
誰かのためになれば幸いです^^

今日の記事はいかがでしたか?
あなたが感じたことや思ったことを下のフォームからお気軽にコメントしていってください(* 'ω')/

ブログ記事一覧

シェアする

フォローする