メルカリ仕入デビューしたら初っ端から不良品掴まされて白目むいた話

メルカリとかいう悪魔のアプリがあるらしい

メルカリ、最近絶好調ですよね。利用者数で言えば数あるフリマアプリの中でもダントツを誇っています。
CMもガンガンやっていて今ノリに乗っているので、私も掘り出し物を求めて少し魔界を散策することにしました。笑

メルカリの特徴

事前に掴んでいた情報としてはこんな感じ

  • 1トランザクション(1販売)売価の10%
  • 発送方法が豊富(ただし送料込み出品に限る)
  • 売上金の振り込みは月2回のみで、1万円以上は振り込み手数料無料
  • ガキンチョの巣窟

大丈夫なんですかね…
まあ、規約でノークレーム・ノーリターンを禁止しているのでいざとなれば返品すればいいのですが、ここがまた難所でした。
学びから言うと、公式の規約にもある通り「少しでもおかしいと思ったら絶対に受け取り報告ボタンを押さない」こと。これに尽きます。
私は押しちゃってたのでかなり手間がかかりました…

次、手数料が1トランザクション売価の10%と超高いです。しかも送料込みの場合、売価に送料が含まれることになるので実質の手数料は10%以上になります
ちなみにラクマとフリルは販売手数料無料。今のところシェアがメルカリに劣っているからだろうけど、ありがたいですね。

特徴にもあげたのですが、送料込み出品の場合「箱Boon mini」「らくらくメルカリ便」「ゆうゆうメルカリ便」などAmazonにはないユニークな方法で送ることができます。
※詳しくは公式のヘルプから詳細ガイドの欄を見てね。

今回初めてメルカリでゲームを仕入れましたが、初っ端から不良品をつかまされてなんとも歯がゆい思いをさせられたのでシェアしたいと思います。
結論は、しっかり自分の中で「この説明文を書く出品者なら大丈夫そう」といった基準を作り、その基準に従うことが重要。ということです。

とりあえずメリット・デメリット把握した上で1つ商品を買ってみた

何はともあれ、便利だし利用者も多いから大丈夫っしょ。と思いとりあえず少額でも利益の出て回転も早い商品を買って感覚をつかもうとしました。
買ったのは「ポケットモンスター オメガルビー」のソフト。

画像は買って実際に届いたお品。
大人気なポケモンですが、今の最新作は「サン ムーン」ですので、家電的に言うと1世代型落ちの扱いです。とはいえ、互換はあるのでAmazonではまだまだバカ売れしています。

と、ここで検品中に問題発生。

速攻で不良品つかまされたんだが^^;

ちょっとわかりにくいですが、黒枠で囲った部分に破損がありました。パパッと見ただけではわからないですが、基盤部分にもダメージがあるので読み込みが不安定でした。
しかし、この時点で受け取り報告ボタンを押してしまっていたのでかなり焦りました。
この後、相手の対応がいきなりまったりペースになったので解決を見るまでに約1週間取られます。笑

楽をしようとして、即決したら無駄に労力を使わされた

まず、相手方に「説明文に記載のない破損があった」「状態の要約には目立った傷や汚れなしと記載されていた」ことを伝えました。

が、
返事が返ってこない^^;

普通、問題があった場合はすぐに返事をするのが筋なのですが、彼らは中学生かもしれませんし、高校生かもしれません。部活やバイトで私に構っている暇がないのでしょうね。
2日間返事がない事をとがめたらお叱りを受けました。笑

その後、なんとか説得して返品に応じてもらえる運びに。

が、
一筋縄ではいかないのがガキンチョ。なんやかんや「付属品のカビゴンのカードがないー。だから受け取りできないー。」と返品商品を受け取り報告してくれません。
そんなわけはない。なぜならカビゴンのカードは最新作にしか付属していないからだ。笑

その上確認してみればこやつ、すでに別の人間に同じ品を売っているではないかw
さすがにこれには笑いました。
勿論その出品にも破損ありとは書いていない。これ以上被害者を増やしてはならない…

という事で、運営様にご厄介になる事にしました。
「かくかくしかじかで、出品者さんがよくないんですよ〜。これって詐欺ですよね!?ケーサツにいう事にします!」
みたいな感じで運営さんに報告し、そのまま出品者さんにも通知しました。

そしたら、いきなり返事のスピード感がアップしました。笑
やっぱりポリスメンの威力は絶大です。

結局しっかりと追求して、返品にも返金にも応じてもらえましたが、その不良品を送ってきた出品者の対応に5日もかかりました。

まとめ

労力をがっつり持っていかれるので、写っていない箇所、言及されていない箇所の状態はひどいものだという前提で考え、買う前に聞くことが重要です。
また、送ってからでは双方損しかしないので、なるべくコメントで状態について言及を求め、発言させる必要があります。

あと、トラブルになったらのらりくらりとかわされるときついので、しっかりと記録をとることが必要です。

メルカリに限らず新興フリマアプリを使う上で個人間のトラブルは避けられません。
心配かもしれない買い物をしないといけない場合は、出品を消されてもいいように最低限「相手方の住所」や「出品内容」、「説明文」などの記録を取ること。(スクショが便利)
もちろん自衛のために利用するのであって個人情報は漏らさないようにするべし。

メルカリの手数料はなんやかんや言ってAmazon FBAと同じくらい高いです。
その割に出荷作業は出品者持ちで、送料込みだと手数料が10%以上になるので、メルカリは同じ利益率でも他のフリマアプリと比べると価格が1割以上増しになります。
だから、仕入れに使うのはまあ場合によりけりでお得だけど、組織的な出品や業として使うには不向きだと思いました。

とはいえ、手数料無料のフリマアプリが2つもあるのになんでみんなそっち使わないんでしょうね。
UIもほぼ一緒で出荷作業も出品者持ちなら対して手間変わらんだろうに…

p.s.
まだ半ばだけど、今月はすでに先々月の売上を越しました!
価格改定ツールを導入したからなんだけど、速攻で結果が見え出してとてもいい感じです。

もう少し検証したら、このブログでも紹介しようと思います。

今日の記事はいかがでしたか?
あなたが感じたことや思ったことを下のフォームからお気軽にコメントしていってください(* 'ω')/

ブログ記事一覧

シェアする

フォローする