せどり初心者入門(1)〜Amazonせどりを始める為に必要なこと〜

こんにちは、書き溜めしてて安心してテンプレート作っていたらいつの間にか書かないといけない予定にしてた時間すぎてました(´-ω-`;)ゞ

さて、世は3連休も最終日となり憂鬱ですねー。中だるみして昨日1日中寝て過ごしていた人も多いかと^^
せっかくの3連休なので1日ゴロゴロするのも良いかもしれませんが、ゴロゴロついでに携帯ぽちぽちしてお小遣いを稼ぐってのも良いんじゃないですかね!⁽˙³˙⁾◟(๑•́ ₃ •̀๑)◞⁽˙³˙⁾

前置きはこれ位にしておいて、まずは家にいながらお小遣いを稼ぐ環境を作っていく所から始めますか!

Amazonセラーアカウント

健全なあなたはAmazon利用していますか?してますよね!?
各学校や大学ではそろそろ新学期ですが、大学では教科書を自分で買いに行かないとダメな所が多いと思います。あなた馬鹿正直?に教科書は購買や生協などで定価 or 生協価格とかで買ってはいませんか?
Amazonで購入すれば、天から与えられた教科書購入用資金を効率的に他に回せますよ?(夜神月スマイル
death_note

まあ、それはそれとしておいておいてw
せどりというジャンルでお金を産み出すためにはまずはAmazonのサービス(商品ページ)を利用して売る事が簡単で超強力です。
そこで今回はAmazonのセラー登録をしましょうという話ですね。

セラーの種類は2つ!

まずセラーには2種類のステータスがあります。小口出品者か大口出品者です。
この2つの差ですが、かーーーーーーなり大きいです。Amazonからのひいきのされ具合が半端無く違います。

  • 大口出品者
  • Amazonせどりのみで生活出来るくらい稼いでいる人は例外無くこちらだと思います。
    小口出品と比べた時の利点は、

    1.商品が売れるたびに発生する基本成約手数料(100円)が無料
    ->そのかわり月額になるってだけなのですが、一ヶ月に売れる商品数が多い場合こっちの方が得になります。

    2.ショッピングカートがとれる
    大口にする最大の理由と言っても過言ではない要素です。Amazonせどらーとして成功するかどうかはこのカートが取れるかどうかに掛かっていると言っても過言ではありません。

    3.Amazonのカタログに載っていない商品すらも登録できる。
    ->ライバルがいないのでその商品が売れて誰も注目しなければずっと旨い思いが出来ます!

    4.商品購入にまつわる様々なデータレポートが公開される。
    ->購入見込みのお客さんがどれくらい商品を見てくれているのかや、100%のうち自分は何パーセントショッピングカートを取れているのかが丸裸になります。

    5.Excelシートをアップロードして出品する事が可能。
    ->中古本などの商品数が圧倒的に多くなる場合かなり助かります。

  • 小口出品
  • こちらはガチでせどりで生活する事を目指すとはいわない方たちの為に用意されたステータスですね。
    大口と比べた時の利点は少ないですがあります。

    1.基本成約料は100円
    ->反対に大口では何もせずとも月に5000円取られる事を考えれば、月にあまり売る予定の無い人にとっては十分な利点となり得るでしょう。

終了です^^;
やっぱりどう考えても大口の方が優遇されているんですよね。しかも今なら大口出品の月額料金が3ヶ月無料なんですってね。ヤフオクなどのオークションサービスや楽天マーケットの弱体化を計りつつ自身を強化する合理的な方法だと思います。

以上の事から考えて、Amazonセラーに登録するなら大口一択です。無理そうなら3ヶ月後に一度慣れるまで小口出品者に変更する事もできますし大口に変える事も出来ますのでとりあえず大口でいいでしょう。

おおそうか!それじゃあ登録しよう、そうしよう。ポチっとな!
とはなってはいけませんよ?

実は、Amazonは売上金を14日で1度締めて入金してくれます。1ヶ月で大体2回ないし3回入金してくれるという事ですね。そしてAmazonではセラーアカウントを登録した翌日が締め日となります。
ここで重要になってくるのは、『締めてから自分の口座に実際に入金されるまでに何日掛かるのか』です。資金が潤沢になり、余裕が出て来るまでは『お金の回転』は最重要項目です。

で、結局何曜日が良いのかといいますと、土/日です!最適は日曜日らしいのですが、自分は土曜締めですが4日後に振り込まれますので問題なしと判断してます。

平日に締め日を持ってくると最悪次の週の月曜日になってしまいます。このタイムラグはかなり大きく、特に資金が少なくどうしても足が遅くなってしまいがちな学生さんにとっては売れていてもお金がないから次の仕入れに行けずペンディング(待ち時間)が発生してしまいます。
これはクレジットを使用していた場合致命傷になりかねません。なのでセラーアカウントを作る曜日には十分に気をつけましょう!

セラーアカウントの作成


seller_central_reg

seller_reg
まず、アカウントを登録するために自分の身元をはっきりさせる必要があります。
といってもこの画面ではメールアドレスや名前といった簡単な連絡先を登録するだけです。後からでも変更可能です。

seller_reg2
この画面では個人事業主であれば屋号、法人なら社名、個人なら氏名を入力します。

seller_reg3
ここら辺から本格的な情報を登録していきます。
店舗名は購入者が一番目にするところです。後から変更も可能なので特に気張って考える必要は無いですが、自分の氏名で登録する事だけは避けましょうw

自分が商品を買おう!となった時に同じ値段、同じ評価の時にどちらを選ぶか考えたらやっぱり個人名で登録しているセラーよりも店舗っぽい登録名の方がなんだかきっちり発送してくれそう…と思いませんか?

あんまり意識して見ている人こそいないものの確実に売上に関わってくる所だと思いますので、しっかり登録していきましょう。

seller_reg3
クレジットカードの情報です。これはセラーがいらん事をすることを抑制したりするための枷だと思います。因みにセラーセントラルのヘルプには以下のように書かれています。
クレジットカード情報は、出品者の認証およびセキュリティ上の理由から登録しなければなりません。

seller_reg3
最後です。頑張ってくださいw電話確認と銘打っていますが掛かって来るのは自動音声です。ご安心ください。

以上であなたも立派なせどらーです!
時間に縛られない自由な生活のために頑張って進みましょう!

次: せどり初心者入門(2)〜Amazon市場価格を知る〜

「自己アフィリエイト入門メール講座」実施中!

今日の記事はいかがでしたか?
あなたが感じたことや思ったことを下のフォームからお気軽にコメントしていってください(* 'ω')/

ブログ記事一覧

シェアする

フォローする