Amazonからのメール内容で今年一番驚いた

ウィッス。キャピーです。
今日は結構な頻度で送られてくるあのAmazon出品サービスメールの内容に思わず二度見してしまった話です。

オウ。Amazonにしてはえらく太っ腹じゃねぇかよ

メール本文はこう。

平素はAmazon.co.jpをご利用いただきありがとうございます。

Amazon.co.jpでは、2016年9月15日より、日本国内のフルフィルメントセンターに保管されているFBA在庫を対象に「返送/所有権の放棄依頼」の手数料を無料にするプロモーションを開始いたします。今回のプロモーションは、出品者様の長期在庫保管手数料の負担を軽減することを目的としたものです。

【プロモーション実施期間】
2016年9月15日~2016年10月14日
※以降は通常の返送/所有権の放棄依頼の手数料が適用されます。

2016年8月に長期在庫保管手数料をお支払いいただいている在庫商品につきましては、今回のプロモーションを利用して「返送/所有権の放棄」を行われた場合、長期在庫保管手数料の66%を返金いたします。返金処理が完了しますと、11月中旬頃までにはペイメントレポートの「返金」セクション「その他」項目へ返金額が表示されます。ペイメントレポートはセラーセントラルの「レポート」より「ペイメント」をクリックすると表示されます。詳しくは、無料プロモーションのヘルプページをご確認ください。

無料プロモーションのヘルプページ ›

在庫レベルの確認方法
セラーセントラルの「在庫健全化ツール」において在庫レベルの確認が可能です。

在庫の保管日数:長期間保管されたままの在庫や売上データ
余剰在庫の管理:設定した在庫保管日数を超える在庫商品
注意欄:返送/所有権の放棄をお勧めする回転率の遅い在庫商品

※長期在庫保管手数料につきましては、フルフィルメントレポートの「長期在庫保管手数料請求額レポート」でご確認いただけます。

「在庫健全化ツール」はこちら ›
返送/所有権の放棄依頼の方法
セラーセントラルの「在庫健全化ツール」または「在庫管理」「FBA在庫管理」ページから作成できます。詳しくはヘルプページ「返送/所有権の放棄手数料無料プロモーション」をご確認ください。

注意事項 2016年10月14日までに「販売可能」な在庫商品の返送/所有権の放棄を依頼し、在庫の廃棄または返送をされた場合、同じ商品の在庫レベルが以降4週間の予測売上個数の合計を下回らない限り該当商品の追加納品は2017年3月1日までできなくなりますので、あらかじめご承知おきください。なお、予測売上個数は過去90日間の売上実績を基に算定されたものです。 今回のプロモーションの期間中、および終了後は返送/所有権の放棄依頼の処理に通常の14日間より長くかかることが予測されますのであらかじめご了承お願いいたします。 自動または手動での「返送/所有権の放棄依頼」によって、「販売不可」の在庫商品のみ返送/廃棄を行った場合は、販売可能な同商品は引き続きAmazonに納品いただけます。 今回のプロモーションはAmazonの判断で提供されるものであり、事前の通告なくプロモーションを中止することがありますのでご注意ください。FBAサービスをご利用になる場合は、Amazonサービスビジネスソリューション契約のFBAサービス条件が適用されます。

今後も引き続き出品者様の売上向上を支援し、日本国内のフルフィルメントセンターに保管する在庫数量を適切なレベルに維持することに努めて参ります。

今後とも Amazon.co.jp をよろしくお願いいたします。

要約すると、「あんたのショップで捌けなくて困ってる在庫があるんだったらタダで買い取ってやるよオラァ!」だそうです。
…すいません。違いました。

正しくは、「あなたのショップで不要になった商品があるんだったら、期間限定で手数料無料で処分しますよ〜!」とのことです。
珍しくAmazonにしては出品者フレンドリーな内容のメールが来たので思わずこのメールを二度見してしまいました。笑

また、期間限定なので9月15日から10月14日の1ヶ月間というのには注意が必要ですね。
あとは…在庫破棄した商品については、17年の3月1日まで追加納品に制限がかかるようです。具体的には、Amazonでのデータから算出される、1カ月あたりの該当商品の回転数よりも下回らないと追加納品が出来ない。ということですね。Amazon側でかかる使えない在庫処分費用を考えるとここは当然かなー、といった印象です。

これを機に多少の返送・放棄リクエストの増加が見込まれるので、手続きに通常よりも多く時間がかかるそうです。

まとめ

今日は、Amazonからのメールに珍しく「たまにはやるじゃねぇか…」と思ってしまったキャピーでした。
メルカリなどの台頭に対する対抗措置でしょうか。相変わらず小規模ユーザーには厳しいですが。

あなたもこれを機に冬眠している在庫をAmazonに投げつけてもいいかもしれませんね。^^

追伸

実は、インターネット上でお金を得ることというのは難しくありません。
「初心者でも!」や「寝ているだけで!」とは言いませんが、根性を入れて数ヶ月〜頑張れば体が資本である就職して働くスタイルよりも圧倒的に時間をかけずに同じ額、もしくはそれ以上のお金を感謝されながら稼ぐことができます。

今やインターネットビジネスは普通の稼ぎ方の1つとなりました。
「9-17時 + 残業」とか、
「上司から誘われる半ば強引な付き合い呑み」とか…

嫌なことを嫌と言えない、生殺与奪を会社に握られた社会人になりたくない人だけ画像をクリックして、インターネットを最大限利用した管理・経営の世界を覗いてみてください。

もちろん今いる会社に満足していてスキルアップのために管理・経営について学びたいという人にもお勧めできます。

今日の記事はいかがでしたか?
あなたが感じたことや思ったことを下のフォームからお気軽にコメントしていってください(* 'ω')/

ブログ記事一覧

シェアする

フォローする