努力と投資が水の泡になることなんてザラ

おはようございます。
朝更新なんていつぶりなんだろう。今日はたまたま大学のテスト期間中の中休みに当たる日なので、まったり勉強しながら1日を過ごします。

メルマガシステム自作してアドワーズでリスト集めようとしたけど1万損した

作ろうと思ったきっかけは、「うーんネットビジネスで飯食うためには後々の資産にもなるしメルマガやっておかないとな。。でもまだそんなガチでやるって段階じゃないんだよなー。リンク踏んだ率とか開封率とかの解析系はまだ要らん。とりあえずメルマガ登録してくれた人に対して定時にメールが一斉に送れればええんや。
メルマガ配信スタンドいろいろ見て料金でも比較するか・・・は?高杉内。」ってところです。
結局広告出してアフィリするっていうメルマガアフィリの原則は変わらないんだけど、予算は限られてるからちょっとでも広告に回したいところです。
幸運なことにドメインも鯖(サーバ)も借りていたしデータベースの構築もおk、サイトも作れるし定時実行もcronってのがあるのを知っていたのでこれら組み合わせたらできんだろ。ってことで作りました。

さて完成して実行して広告もかけてみたけど・・・全っ然登録されない(^ω^;)
ブログ→LP→ステップメール→オファーって流れでブログ記事に対して3日間オファー投げてみましたが結果は惨敗です。
広告費8000円に対して、クリック数が90でLP誘導率は9(10%)、アドレス登録は1件(11%)でした。しかも速攻登録解除されてるしで大惨敗www
扱ってたものが自己アフィリで、自分自身もやって1万円もらえるので結果収支的には+だけど投資が⊂二二二( ^ω^)二⊃ブーンした割に得られたのが経験とプログラムとデータっていうのが少し残念でした。
数字自体は悪くなく得られたものも大きいのですが、肝心の最終目的のアフィリエイトする。が達成されてないのでノーカンです。

1週間もかかったし結構面倒くさかった

そう。そもそも一番辛かったのは1週間もかけて睡眠時間削り、1日中組んでたものがいざ走り出したらあぼんしましたってことw
途中結構詰まるところもあったので、楽ではなかったので終わって結果みたらすごい疲れました。
まだまだ請求力が足りませんな。でも得れたものは大きい。

昨日ggってたらGmailってそもそもGoogleドライブからスクリプト組んで実行できるらしい(!?)

なにやらgoogleを徘徊していたら外部で組んだプログラムじゃなくても、googleドライブ内で作ったファイル群で私の望んでた機能を乗せたシステムが作れるらしい・・・びっくりしすぎて椅子から転げ落ちるかと思いました。
ただ、外部からのリクエストと違ってもう一段階簡単にできて配布も簡単なので、リクエスト数がさらに少ないです。なんと1日に100送信までとかなんとか。
「おいおい。そんな貧弱な配信システムで大丈夫か?」

選択と集約で頑張ったけど他にクッソ楽な手段が見つかることもある

結局今回の心労は目出度く水泡と帰したわけなんですが、プログラミングやってたらこんなこと日常茶飯事ですよ。
プログラムが無駄になったことは別に何にも気にしてない・・・とは言わないですがwこっちの方が配布しやすいし、受け取った側も再現しやすいのでいいでしょう。
無料レポートにしてメルマガに誘導するためのいい素材になりそうなんで完成したらXamあたりで配布します。
多分せどりとかアフィリとかしててまだメルマガには踏み切れてない。って人はかなり多そうなので、80アドレス近辺に抑えるいい感じのハードルをどうするか考えてます。

プログラム自体は多分1日掛かんないでしょうし、これでめでたく私もメルマガ配信者ということで。
そんなわけでこれからも宜しくお願いします ノシ

追伸

実は、インターネット上でお金を得ることというのは難しくありません。
「初心者でも!」や「寝ているだけで!」とは言いませんが、根性を入れて数ヶ月〜頑張れば体が資本である就職して働くスタイルよりも圧倒的に時間をかけずに同じ額、もしくはそれ以上のお金を感謝されながら稼ぐことができます。

今やインターネットビジネスは普通の稼ぎ方の1つとなりました。
「9-17時 + 残業」とか、
「上司から誘われる半ば強引な付き合い呑み」とか…

嫌なことを嫌と言えない、生殺与奪を会社に握られた社会人になりたくない人だけ画像をクリックして、インターネットを最大限利用した管理・経営の世界を覗いてみてください。

もちろん今いる会社に満足していてスキルアップのために管理・経営について学びたいという人にもお勧めできます。

今日の記事はいかがでしたか?
あなたが感じたことや思ったことを下のフォームからお気軽にコメントしていってください(* 'ω')/

ブログ記事一覧

シェアする

フォローする