仕事や作業で忙しいのは大体自分のせい。思考力の再利用をしようぜ

最近珍しく忙しすぎて1ヶ月に何日も働いています…
普段のせどりはもはやメンテと納品くらいしか時間のかかる作業がなくなってきたので、ここさえきっちり誰かに任せてしまえばもうほぼノンストップで商売のサイクルを回せるんですが、中々面倒くさくて作業に手をつけれずw
マニュアル作るのが面倒なのはもうやる前からわかってるんだけど、かといって自分で納品関連やるのはもっと面倒なのを知ってるからやりたくない…今そんな状況です。笑

そして、それとは別に面倒ごとをあと2つほど抱えてます。というのも、融資を受けるために色々と法律面できっちりしておかないと通してあげられないよ、と日本政策金融公庫の人に言われちゃったんですね〜

なので古物商をとっておかなきゃいけないんですよね。だけど事業所に指定しているのは親の持ち家なのでそこの権利関係を証明しないとダメなんだとか。
個人の証明全部とってから警察署に行ったのに結局門前払いくらいました。そりゃないぜー、おまわりさん;;

もう1つの面倒ごとはスプラトゥーン面白すぎてやめられない問題。これはさすがに自分の我慢で簡単に何とかできる。頑張れ、俺。笑

忙しい!がいつまでも続く人と、一時的にしか忙しくならない人

今は忙しいと言ってるけど、周りの就活生よりは絶対に暇人だよな〜と改めて思う今日この頃。

仕入れは常にやるけど、仕入れ候補が全部Lineに飛んでくるように商売システムを組んでるので仕入れるかどうか決めるのにかける時間は10秒とか30秒とかそんなレベル。一番面倒なメンテ・納品も1日ありゃ余裕で終わるので実質月当たりに動いてるのは3日とか?笑

それでこのAmazonの売上の画像みたいな売上を達成してます。クリックで画像を直接表示できます。

月に1週間以下しか働かずにバイト代と同じくらいか、それ以上をせどりで稼いでるので確実に学生でバイトするより時間も労力もかけてないです。
今年の4月くらいから本腰を入れて頑張り始めましたが、10月の頭の段階で今年の累積売上が100万円を突破しました。クレカの請求額が毎月15万とかくるようになったので保険のキャッシュが欲しいところ。
だから公庫、利率1%台はすごい。

そうそう、忙しいつながりで少しシェアしたいなと思うことがあります。それは忙しい忙しい言ってる人にも2種類いるよ。ということ。

「忙しい状態が延々と続いている人」と「一瞬忙しい忙しいって言ってるけどすぐ暇人に戻る人」この2種類です。後者の方が尊いんですが、あなたはどっち側でしょう?

私の通っている大学にもずっと「今忙しいんだよね〜」って言ってる教員がいます。笑
行動を見てると「同じイベントが以後2度3度と繰り返して発生しそうかどうか」を予測してないんじゃないかな。と思います。

例えば新4年生のために専門分野の基礎を復習するような会を今年特別に催したとします。
これって、来年以降も本人の望む望まないに関わらず学生の質によってきっと発生しますよね?

だったら次に同じ説明しなくていいようにスライドを残しておくとか、説明してるところを動画化しておいてサーバに保存しとくとか“再利用”できるように備えるのがベストです。
なのに、
「学生は本来こういうことを自力でしないといけないんだよね〜。今回は特別に無料でやったげるけど…」とかそういう文句をたれてやらない…

しらねぇよ。笑
理由はもっともですけど実際学生全員が自習やるわけないですし昔と違って今の学生で、興味の向かないことに自力で学習していく人の数は確実に減ってます。なので望まない形であれきっと来年以降も偶発的に同じイベントに見舞われます。笑

その度に「めんどくせぇ。」とか「これ去年もやったんだけどね。」とか「最近学生の質が落ちてるねぇ。」とかいうんですかね。

望む望まないに関わらず、3度目以降がありそうかどうか見極める

これが重要です。
ある面倒くさい事が起こって忙しくなったとします。そしたらこの事柄が未来に渡って3度以上発生しそうかどうかをよく考えてください。
もし3度目以降もありそうだと思ったなら次からやらなくていいように、問題に対する「成果物」と「結果、なぜそんな処理を行ったか」という理由の部分をしっかり残しておくと同じシチュエーションにかける時間が節約できます。

今回の例でいくなら基礎の勉強会は動画化しておく。ということですね。そうすれば来年以降「それ見とけよ〜」で済むはずです。たったこれだけで年何時間の節約になることか…

自分がやりたいかやりたくないかは全く問題じゃありません。むしろやりたくないなら率先して次から同じ処理をしないように備えとくべきです。
自分が再発生の可能性が低いと見積もったのに3度目があった場合は、精度とか勘の問題です。諦めて3度目の処理を残しておきましょう。ここでサボると4度目以降で必ず後悔します

プログラマは自然とこういった「サボる技術」のようなものを身に付けます。そうしないと仕事が回らないからという闇の方の理由でw

まとめ

サボる技術と書きましたが、サボることってめっちゃ大事ですよ。世の中的にはまだまだ「あいつは仕事サボって楽してやがる…」とか揶揄されちゃいますが。
私からしたら、毎度毎度同じシチュエーションなのにその時になって同じようなことで悩んだり、時間かけて仕事してるフリしてる人の方がよっぽど害悪です。

汗水垂らしてえっちらおっちらやる時代はとうの昔に終わってるんですよ。労力を最小化するのは尊いと思う、1プログラマからのメッセージでした。

ハァ…マニュアル化めんどくせぇなぁ…笑

P.S.
昨日、アフィリエイトで月収100万達成した20代で起業家で大学7年生wのゆもさんが大阪に勉強会のついでに遊びにきたので、初顔合わせでお昼ご飯食べて雑談してきました!
大学7年生とか2浪と同等の自分のさらに上をいく猛者だよ…

初対面だったけど、スプラとかTwitterとかでよく絡むからあんまり緊張はしなかった。笑
暗号通貨のこととか、お互いの事業のこととかたくさん情報交換してきました^^

結構いい感じのの串カツ屋でした。前菜とか出てくる串カツ屋とは。w

追伸

実は、インターネット上でお金を得ることというのは難しくありません。
「初心者でも!」や「寝ているだけで!」とは言いませんが、根性を入れて数ヶ月〜頑張れば体が資本である就職して働くスタイルよりも圧倒的に時間をかけずに同じ額、もしくはそれ以上のお金を感謝されながら稼ぐことができます。

今やインターネットビジネスは普通の稼ぎ方の1つとなりました。
「9-17時 + 残業」とか、
「上司から誘われる半ば強引な付き合い呑み」とか…

嫌なことを嫌と言えない、生殺与奪を会社に握られた社会人になりたくない人だけ画像をクリックして、インターネットを最大限利用した管理・経営の世界を覗いてみてください。

もちろん今いる会社に満足していてスキルアップのために管理・経営について学びたいという人にもお勧めできます。

今日の記事はいかがでしたか?
あなたが感じたことや思ったことを下のフォームからお気軽にコメントしていってください(* 'ω')/

ブログ記事一覧

シェアする

フォローする